MENU

① 地域の中で、最も優れた平屋住宅を提案できる住宅会社は!?

 

都城市で平屋住宅を検討するなら、地域の住宅会社の中から、最も信頼できて、相性の良い住宅会社を選ぶことが、最良の選択です。

しかし、住宅を建てる際には検討時間が、必ず必要です。もし少しでも、住宅を慎重に選びたいと思うなら、ひとつの住宅会社だけに、提案を頼むと、他の選択肢を見逃してしまう原因になります。


あとになって、後悔しないためにも、わからない部分は、必ず事前に確認をすることは、重要です。理想の家づくりの計画のイメージを、固めるまでには、気になっているポイントを一つ一つ確認して、最終的にお願いしたいと思える優れた住宅会社・工務店に出会うという道のりをたどるものです。

 

② お住まいの地域の中で、最良のご提案アドバイス可能です!!比較しないと損しているケースも!

タウンライフは、各市区町村単位で、平屋住宅の提案をできる住宅会社を比較して、提案をしてくれるのですぐに比較できるサービスです。

複数の住宅を比較できる立場だからこそ、第三者的な立場から、コスト比較や、提案内容が希望にかなっているかを、慎重に比較することができるのです。

多くのケースで、数社目の住宅会社の営業マンにつかまって、積極的な提案を受けたことで、即決しまったことを後悔している施主さんが、着工してしまい、諦めてしまっているという現状があります。


累計利用者数112万人突破!!
 <<webフォーム申込限定キャンペーン>>から申し込んで頂いた方に、
 『理想に最も近い平屋住宅の計画書を無料でご提案!』@



無料で、比較できる平屋建ての計画書を提案してもらえるので、慎重に検討したいという場合には役立つサービスです。

すでに112万人の利用実績があるので、過去の事例を含め、どんなコスト削減方法があるのか?平屋を建てる上で、必ず確認しておきたいポイントなどについて、事前にアドバイスを受けることができるのは、大きなメリットです。

ワンフロアの利便性&構造の強さ&高気密が、平屋を建てる上での長所ですが、希望の住宅会社を選ぶためには、どんな部分に注意すべきなのか!?など、住宅についての知識を得た上で、最良の選択をすることが可能です!!



⇒【平屋住宅プラン 限定の無料ご提案はコチラから】











 

Q&A地域情報

市街化調整区域の中古住宅購入について 30代夫婦長男一人の3人家族のものです。 現在妻の実家に住ませてもらっており、三年ほど前からマイホーム購入の検討をしていました。 新築と中古住宅をいまだに迷っていますが、 今までの中で一番に該当する物件がでてきました。 それが市街化調整区域の中古住宅です。 築13年平屋住宅、建物30坪、土地130坪。 一般の方でしたが、新築当時、適法に開発許可をとっております。 開発許可をとっているため、将来建て替えも出来るとのことです。 他にも開発許可をとっていない土地が約50坪あり、宅地として使用はできないけど、こちらも合わせて所有権移転して、計180坪の土地になります。 土地としても建物としても市街化調整区域とあって、資産価値は低いと思いますが、転売もできる、建て替えもできるとなると、将来困る事もないのかなとおもっています。 何か問題ありましたらご教示下さい。
新築ではないもののこの度購入する事となった戸建ては立地が非常に良く、本当に楽しみにしていたんです。だから、誰が見ても戸建てとわかる住居表示がいいんです。 役所では枝番号を付ける・付けないはあくまで任意との事でしたので、私は付けないつもりでした。が、主人は郵便物の誤配を防ぐためにも枝番号を付けるべきと言っています。うちには重い障害のある子どもがおり、けっこうな頻度で福祉関連の郵便物が来るんです。主人は「そうゆうのをお隣さんに見られてもいいの?」って。不動産屋さん経由で売主さんに確認したところ、実際に誤配はちょくちょくあったそうです。 主人と私で意見が食い違っているため、客観的な意見を聞きたいです。 住居表示の枝番号について「付けて良かった」「付ければ良かった」あるいは「付けなくて良かった」「付けなきゃ良かった」といった経験をされた方、回答宜しくお願いいたします。
写真のような住宅地で正方形の72坪の土地があります。 北側の道は車が離合できるくらい広いです。 奥の土地にはまだ家がありませんが回りは二階建てに囲まれています。 この土地に28~3 0坪の平屋を建て、前に二階建ての家ができても明るい家ができると工務店の方がいっていたので大丈夫だと思っています。 しかし回りが2階建ての中に平屋になるわけですので妻と意見が分かれています。 みなさんがここに新築するとしたら平屋と二階建てどちらにしますか?